駐車場経営はリタイア後の人生に役立つお金が稼げます


ビジネスチャンス

街を歩いていると古びたアパートや会社が無くなり、いつの間にか駐車場になっていることがよくあります。
これは、自分が持っている中規模の土地を駐車場として経営することで、そこから得られる駐車場代を毎月運用していく資産運用というものなのです。
一般的に空いている土地を持っていたり、まっさらに空いている土地を購入した場合は、駐車場にすると利益になると言われています。
なぜなら駐車場はその土地の上に数億円もする建物を建てる必要もなく、更地をコンクリートで整備するか砂利を引いて縁石を車の台数分おいておけば、とりあえず使用が可能になるからです。
アパートやマンションを建てるよりもリスクが少なく運営ができるのが特徴です。

では、実際に空いている土地を駐車場にする場合、どういった手続きや工事が必要でしょうか。
土地がいくら空いていても土地の所有者ができるのはその土地をどのように運用していくかを決定することと、専門家に依頼することぐらいしかできません。
まずは、その土地を登記をする必要があるため、司法書士が関係してきます。
ただ、登記に関しては司法書士を介さなくてもすることは可能になります。
次に、建築業者にお願いをして重機を使って土地をならしてもらう必要があります。
そのあと資材屋さんにお願いをして縁石を置いてもらったり、ロープで線を引く必要があります。
最後に、もし近隣住人などとトラブルが起きそうな場合には、弁護士にお願いする必要があります。