駐車場経営はリタイア後の人生に役立つお金が稼げます


今がチャンス

不動産運用は、かつて地主や資産家、遊休地をもつ大手企業が、銀行やデベロッパーと組んで、街づくりや商業集積やオフィスビル建設などといった、大規模な開発が一般的であり、一部の限られた者にだけしか考えられない投資手法でした。
バブルの時代、いわゆる株や土地の価格に代表される資産価格がうなぎ上りに上昇した時代には、短期間に不動産を売買して収益を上げる投資手法が主流になっていました。
保有しているだけでいずれ価格が上昇すると考えられていた時代、皆競って不動産を購入しました。
やがて不幸にもバブルが崩壊し、不動産の価格が長期下落に転じてしまい、今日に至っています。
デフレ時代に注目を集めたのは、家賃価格の堅調さでした。
物件価格の下落に比較して、家賃価格はほとんど変化なく推移していました。
現在主流の不動産投資は、家賃の底堅さに注目した投資手法に変化しています。

土地の価格の下落に歯止めがかかりつつあります。
それと同時に、二極化傾向が強まっていると言えます。
首都圏、大阪圏、名古屋圏といった大都市と地方、また利便性の高い駅周辺と郊外、商業地域と住宅地域の格差が広がっています。
地価の歯止めがかかったことによる利便性の高い都市部への人口流入、収益還元法という土地や物件の評価方法が定着したこと、などが理由として考えられます。
今後もこの格差はますます広がっていくと思われます。
不動産を活用した資産運用の方法にも変化がみられると思います。
現在主流である安定家賃収入を収益の柱とした手法に加えて、地価の上昇地域概ね大都市圏においては、売買による収益を目的とした手法も多くなっていくと思われます。