駐車場経営はリタイア後の人生に役立つお金が稼げます


費用がお得

不動産を活用した資産運用を考えている場合、それなりの初期投資が必要になりますが、その中で少ない初期投資額で始められるのが駐車場経営です。
駐車場経営と言うと、おもに月極か時間貸の2種類がありますが、個人で経営する場合はほとんどが月極になります。
時間貸の場合は、コインパーキングか、管理人を付ける必要があり、業者が経営する場合が多いです。
月極駐車場の初期投資としては、土地の整備が必要となります。
アスファルトかコンクリートで舗装したり、砂利を敷き詰めたりという工事です。
舗装したり砂利を敷いたりせずにそのまま貸すこともできますが、地面がでこぼこして水たまりが出来たり、車がとめにくかったりするため、あまりおすすめできません。

初期投資額が大きい分、収入も多くなるのが賃貸住宅経営です。
アパートやマンションなどを建てる場合、初期投資額はかなりの金額になりますから、ローンなどで資金をつくるケースが多くなります。
この場合、毎月の家賃をローン返済にあてるので問題がなければローンは順調に返済できますが、家賃の滞納があったり、借り手がなかなか見つからなかった場合などは、ローン返済にあてるはずの収入が少なくなってしまうので、リスクも大きくなります。
また、住人が退去した後、次の人に貸す前に部屋をクリーニングしたり、長い期間で考えるとリフォームも必要になり、ランニングコストがかかるというデメリットもあります。
このようにリスクもあり、管理する手間もかかる賃貸住宅経営に比べると、駐車場経営は手軽に始められる資産運用と言えるでしょう。