駐車場経営はリタイア後の人生に役立つお金が稼げます


利回りを計算

最近では、旧市街地の空き家が目立ってきています。
これは高齢者の住居者が亡くなられて住む人もいなくなったのものですが、とりあえず空き家は危険なので、これらを取り壊し、周辺の人たちのための月極め駐車場にでもして、少ないなりにも収益を上げようというものがたくさん見られるようになってきました。
密集住宅地であれば、二台目の駐車スペースが必要な家庭もありますので、助かるケースもあるのです。
不整形な土地であれば、なおさら宅地としての価値は低いですが、駐車スペースとしてならば十分に需要が見込めるものです。
遠方に住む土地所有者が増えていく中、とりあえず手放さずに資産運用していこうという手段として駐車場としてのの活用があるわけです。

やはり自動車社会は発展し続けますので、都市部であれば、立体駐車場が必要となります。
これらは一等地にあるため、少しばかり高くても利用することが多くなります。
そして、この都市部のパーキングの所有権について、いくらか持ち分投資をする形で、収益を分配しようというものもあります。
地方の過疎地と違い、都市部の繁華街は常に駐車場も埋まっていますので、これらの投資に参加することは失敗がなさそうな気もします。
もちろん利回りについては、よくよく検討する必要はあります。
資産運用というものは、とかく難しくて、資本投下に見合うものでなければなりません。
駐車場ビジネスというものはうまくいけば、大化けする可能性を多く保有しています。